Director & Creator

鈴木アツト

ATSUTO SUZUKI

劇作・演出

生年月日:1980年5月30日
出身地:東京都
最終学歴:2003年3月慶応義塾大学環境情報学部卒業
資格:ハングル能力検定4級
趣味:読書、映画鑑賞、外国語学習(英語・韓国語・フランス語・イタリア語)

2003年劇団印象-indian elephant-を旗揚げ。
2014年劇団をNPO法人化(特定非営利活動法人)。
http://www.inzou.com/

2015年国際交流基金アジアセンター アジアフェローとして、タイに2ヶ月滞在。
また、文化庁新進芸術家海外研修制度研修員として英国・ロンドンに10ヶ月留学。
2016年、『The Bite(英訳版青鬼) 』と『グローバル・ベイビー・ファクトリー』が、ロンドンでリーディング上演される。
2019年には、ポーランド・ベンジン市のドルマーナ劇場から招聘され、『Ciuf Ciuf!(チュフ・チュフ)』(作・演出)を滞在創作した。

2020年『エーリヒ・ケストナー~消された名前~』にて、初の評伝劇に挑戦し、毎日新聞に取り上げられる等、好評を博した。
2021年には、国家と芸術家シリーズ第2弾『藤田嗣治-白い暗闇-』を、2022年6月、シリーズ第3弾『ジョージ・オーウェル-沈黙の声-』を、
10月、シリーズ最終章となる『カレル・チャペック-水の足音-』を上演。

<外部演出・執筆>
2020.10 劇団匂組にて、『農園ぱらだいす』(作:大森匂子)を演出 会場:下北沢・駅前劇場
2018.08 MSP18/MMST SUMMER PROGRAMにて、『瘋癲老人日記』(原作小説:谷崎潤一郎)を演出
会場:大阪・in→dependent theatre 1st
2018.03 日韓演劇交流センター「韓国現代戯曲ドラマリーディング エキストラエディション」にて、『クミの五月』(作:パク・ヒョソン)を演出 会場:シアタートラム
2017.07 国際演劇協会「戯曲『ハンナとハンナ』リーディング上演と難民をめぐるディスカッション」、『ハンナとハンナ』(作:ジョン・レタラック)演出 
会場:想海樓ホール(政策研究大学院大学)
2017.02 調布布市せんがわ劇場 せんがわシアターvol.10「海外戯曲リーディング」にて、『神の絶望』(作:ニコン・セタン)演出 会場:調布市せんがわ劇場
2013.12 調布市せんがわ劇場「親と子のクリスマス・メルヘン」にて、『青い鳥』(原作:メーテルリンク)の脚色・共同演出 会場:調布市せんがわ劇場
2013.02 日韓演劇交流センター「韓国現代戯曲ドラマリーディングVol.6」にて、『海霧』(作:キム・ミンジョン)を演出 会場:シアタートラム
2012.12 国際演劇協会「紛争地域から生まれた演劇シリーズ4」にて、『Destination』(作:プラディット・プラサートーン)を演出 会場:東京芸術劇場

<主な受賞歴>※候補作含む
2021年『藤田嗣治~白い暗闇~』で、令和3年度希望の大地の戯曲賞「北海道戯曲賞」 最終候補作。
2021年『エーリヒ・ケストナー~消された名前~』で、第27回劇作家協会新人戯曲賞 最終候補作。
2020年『3度の飯より君が好き』で、第7回せんだい短編戯曲賞 最終候補作。
2013年『青鬼』で、若手演出家コンクール2012優秀賞と観客賞受賞。
2013年 FFAC創作コンペティション『一つの戯曲からの創作をとおして語ろう!』vol.4で、観客賞受賞。
2012年『グローバル・ベイビー・ファクトリー』で、第18回劇作家協会新人戯曲賞 最終候補作。
2010年『青鬼』で、横浜SAACアワード2009年度・佳作賞受賞。第9回AAF戯曲賞 最終候補作。
2010年『匂衣』で、第10回AAF戯曲賞 最終候補作。

TOP