プロデューサー紹介

言葉を紡ぐ魔術師

亜蘭 知子TOMOKO ARAN

1958年青森県出身
リリックプロデューサー、作詞家

小学校4年の時に、クリフ・リチャードを聴いて音楽に興味を持つ。中学時代は、ラジオから流れてくるエルトン・ジョン、T・レックス、ビートルズ等を聴くかたわら、歌詞の内容を知りたくて自ら訳詞をしているうちに、作詞への興味を深める。19歳の時に知人の紹介でプロデューサーと出会い、その詞の才能を認められ、作詞家としてデビュー。当時、三原順子をスターダムにのし上げた一連の「セクシーナイト」「ドラム」はセンセーショナルを巻き起こし、新進作詞家として注目を集めた。また、TUBEが唄う「シーズン・イン・ザ・サン」「サマー・ドリーム」は、レコードセールス不振と言われる時代を真っ向から否定するかのような爆発的ヒットを遂げた。この曲はキリンのCM曲としてメーカーのシェアーを大幅に拡大したと言っても過言ではないだろう。

81年からは、自らもアーティストとしてLP制作活動を始め、これまで9枚のアルバムと3枚のシングルをリリースしている。現在は作詞家として活動する他、新人アーティスト等の作詞アドバイス、詞全体のコンセプトプロデュースも手がける。また、エッセイストとしても活動。

亜蘭知子 作品(アルバム)

  • 神経衰弱(1981)
  • 色彩感覚(1982)
  • 浮遊空間(1983)
  • MORE RELAX(1984)
  • IMITATION LONELY(1985)
  • Last Good-bye(1986)
  • MIND GAMES(1987)
  • Stay In My Eyes(1989)
  • Sunny Side Memories(1991)

作品提供

三原順子 「セクシー・ナイト」「ド・ラ・ム」「時限爆弾」
TUBE 「シーズン・イン・ザ・サン」「BECAUSE I LOVE YOU」「サマー・ドリーム」「ビーチ・タイム」 など多数
B’z 「NOTHING TO CHANGE」
NHK 教養番組
むしまるQ
「キリンのキリコは眠れない」「おしえてティラノサウルス」「サーモンU.S.A」「じみへん」「ボス豚」「あうんのドッグ」「マッコウクジラは潜水キング」
その他 西城秀樹、南野陽子、杉山清貴、倉田まり子 、鈴木早智子、織田哲郎&9th IMAGE、秋本奈緒美、飯島直子、早川めぐみ、本城未沙 、斉藤さおり(麻倉晶)、富沢美智恵、大森絹子、太田貴子、KEY WEST CLUB、古川真一、林あさ美、田原俊彦、戸田恵子、日詰昭一郎、M-BAND、楠木勇有行、田中利由子 、B.B.QUEENS、岡江久美子、清水宏次朗、叺田理恵、今井優子、小沢なつき、栗林誠一郎、坪倉唯子、松崎しげる、設楽りさ子、伊東ゆかり、橋幸夫、朝加真由美、島津ゆたか、関ゆみ子、など多数のアーティストに提供

出版物

  • 写真&詩集「恋の道路標識ロードサイン」(2003、光文社)
  • 児童書「葬式ごっこ」(1999、旺文社)
  • 処女小説集「都会は淋しがりやのオモチャ箱」(1985)

TOMOKO ARAN OFFICIAL BLOG

The magician who weaves words

Tomoko Aran

Born 1958, from Aomori prefecture,
Lyric producer, songwriter

Got interested in music when she heard Cliff Richard, in the fourth grade of elementary school. As she started translating the lyrics of Elton John, T.Rex, The Beatles, etc., wanted to know what they were singing about form the radio, got interested in songwriting as well. When she was 19, met a producer through her friend, admitted the talent and debuted. Received all the attention as a budding songwriter after she wrote Junko Mihara’s “Sexy Night” and “Drum” which brought Junko to stardom. Also her another works, TUBE’s “Season in the Sun”, and “Summer Dram” became a phenomenal hit, despite it was the time of record sales slowdown. It may be no exaggeration to say that, as Kirin beverage’s CM songs, these promoted the maker’s share of the company.

From 1981, she started producing albums as an artist herself, released three singles and nine albums. Now apart from as a songwriter, supporting songwriting of new artists, and producing the whole concept of the lyric. Known as an essayist too.

TOMOKO ARAN OFFICIAL BLOG