プロデューサー紹介

グッときて、「イェ~~~」ってならなきゃ音楽は…それがバラードでもね

野澤 孝智TAKATOMO NOZAWA

1960年、東京都出身
プロデューサー、アレンジャー、作曲家

武蔵野音楽大学 声楽科卒業後、ビクターエンタテインメント株式会社入社。プロデューサーとしてデビュー作から10年、SMAPを担当したほか、川原亜矢子、小日向しえ などをはじめ、多数のアーティストを手掛ける。2007年、独立しoffice727を設立。関ジャニ∞をプロデュースするほか、高知県出身の女性デュオ「スーパーバンド」などのサウンドプロデュースも手がける。

また、CMや映画音楽なども制作プロデュース。2000年公開された織田裕二主演のヒット作、「ホワイトアウト」や、2002年、竹内結子、吉沢悠らが主演を務めた作品、「星に願いを。」では、サントラに世界的ハーモニカ奏者のウィリアム・ギャルソンなどを起用し、サントラとしては異例の売り上げを記録した。

J-POP全般を得意とし、ノンジャンルで対応可能。アーティストの歌声の良さを最大限に引き出すそのボーカルディレクションには定評がある。面倒なプロデュース大歓迎!

プロデュース作品

スーパーバンド シングル「赤い橋」(2005)「笑顔のゆくえ」(2006)「思いッキリ!!」(2007)
アルバム「元気だしていこうぜ!!」(2006)「負けるな」(2006)「バルーザルーザ」(2007)
関ジャニ∞ シングル「大阪レイニーブルース」「好きやねん、大阪」(2005)「∞SAKAおばちゃんROCK」「関風ファイティング」(2006)「ズッコケ男道」「イッツ・マイ・ソウル」(2007)
アルバム「感謝=∞」(2004)「F・T・O」(2006)「ズッコケ大脱走」(2007)
戸田恵子 アルバム「ACTRESS」(2007)収録曲「女友達」「恋のおまもりください」編曲
アルバム「Twice」(2005)
NOZOMU シングル「STAY~僕の憂鬱~」(2005)
川原亜矢子 アルバム「グレイの風の街」(2004)
小日向しえ シングル「プラム」「カナシイウタ」「花摘み」「傷跡」「ピストル」「星のタトゥー」「夏の残骸」
アルバム「恋愛マシーン~Play Me」(1997)
SMAP シングル「Can’t Stop!!-LOVING-」「笑顔のゲンキ」「君色思い」「$10」「がんばりましょう」「Hey Hey おおきに毎度あり」「たぶんオーライ」「KANSHAして」「しようよ」「SHAKE」「どんないいこと」「青いイナズマ」「セロリ」「Peace!」「夜空ノムコウ」など
アルバム「SMAP 001」から「SMAP 012 VIVA AMIGOS!」
SMAPPIES アルバム「SMAPPIES Rhythm sticks」(1996)ADLIB BEST RECORD OF THE YEAR 1996受賞
アルバム「SMAPPIES II」(1999)POPULAR DISC AWARDS 1999受賞
JOHN HOON シングル 「BlueMoon」

映画音楽、CM音楽など

  • 映画音楽「ホワイトアウト」サウンドトラック(2000)
  • 映画「星に願いを」サウンドトラック(2002)
  • 映画「一生のお願い」サウンドトラック(2005)
  • 映画「天国は待ってくれる」サウンドトラック(2007)
  • TVドラマ「長生き競争」(2008)
  • ハートフォード生命保険「webCM曲」(2007)

Turned-on and “Yeahhhh”, that’s the music. Even if ballad.

Takatomo Nozawa

Producer, arranger, composer

Graduated from Musashino Academia Musicae, the vocal music course. Joined Victor Music Entertainment. More than 10 years since his debut as a producer, produced SMAP, Ayako Kawahara, Shie Kohinata, and many other artists. Became independent and established office 727. Produced Kanjani 8, the female duo from Kochi prefecture Super Band, etc.

Also producing TV commercials and film music. From the hit movie, starred Yuji Oda, “White Out” (2000), to “Night of the Shooting Stars” (2002), starred Yuko Takeuchi and Hisashi Yoshizawa, featured the world famous harmonica player William Galison, recorded a remarkable sales as an OST.

Good at J-POP in all direction, no genre limit. Has a reputation for his vocal direction taking the best part out of the artist’s voice. Welcomes the troublesome production.