プロデューサー紹介

珠玉の歌声、そして紡ぎ出される美しい歌詞

川端 芽久美Megumi Kawabata

1972年 愛知県出身
ヴォーカリスト、作曲家

1999年、 川端芽久美(Vo、Ag)、加藤崇(B)、近藤正樹(G)、竹本成明(Dr)の4人でLife結成。

インディーズでの活動を経て、2002年ビクターよりシングル「blue」にてメジャーデビュー。時にオーガニックに、時にエキセントリックに緩急を使い分けたヴォーカルが好評を得る。以降、2006年11月の活動休止までに、シングル2枚、アルバム1枚、ミニアルバム1枚をリリース。

Life活動休止中の現在はソロとして活動を続け作品を発表。また、オムニバス作品などにも参加。

独特の視点で書かれる歌詞にも定評があり、今後の活躍が期待される。

川端芽久美 official website

Life 作品

シングル

  • 「blue」(2002)
  • 「Fear」(2002)
  • 「chain」(2002)
  • 「Plain Chocolate」3曲入り(2005)
  • 「Plain Chocolate~white~」(2005)
  • 「our song」(2006) 配信限定
  • 「the meaning」(2006) 配信限定
  • 「まだ見ぬ世界」(2006)配信限定
  • 「わずかな光の中で」(2006)配信限定

アルバム

  • 「Life」(2003)
  • 「alive」(2004) 6曲入りミニアルバム
  • 「最後の涙」(2005)6曲入りミニアルバム

川端芽久美 作品

川端芽久美 「手の中のオアシス」(2007)
V.A. オムニバスアルバム「a piece of water」(2007)

Brilliant voice and beautiful words woven

Megumi Kawabata

1972, Aichi prefecture
Vocalist, songwriter

In 1999, formed Life with Takashi Kato (B), Masaki Kondo (G), Nariaki Takemoto (Dr).
After its indie era, in 2002, major debuted by the single “blue” from Victor. Won a reputation for her vocal style, sometimes goes naturally, sometimes goes eccentrically. Released two singles and one album and mini-album, until stopped the group activities in November 2006.

After the sleep of Life, started her solo career. Released several works and participated in some omnibus albums.

Has a reputation for the songwriting, made out of her unique point of view.

MEGUMI KAWABATA official website